ペット葬儀の基礎知識

犬や猫。可愛いペットは、大切な家族の一員ですね。
どんなに大切にお世話をしても、いつ病気やケガなどになるかわかりませんし、老いは避けては通れません。 歩くのが困難になった時には、犬用車椅子をオーダーしたりレンタルして、少しでも長く一緒の時を過ごしたいと願います。

それでも最後のお別れがきた時には、キチンとした葬儀を行なって、ペットを見送ってあげたいと思うのは自然な人情です。
そんなペットの葬儀やご供養には、どんな方法があるのでしょうか。

ペットの遺体はどうなるの?
昔は大切なペットが亡くなると、自宅の庭や敷地に土葬するのが一般的でした。
しかし現在ではマンションやアパート住いなど、庭や敷地を持たない方も増えているため、火葬にする人が多くなっています。
(ペットの遺体は、法律により公園や野原など自分の所有地以外に埋葬することはできません。)

ペットの火葬はどこでするの?
ペットの遺体を火葬にしたい場合は、ペット葬儀社に依頼すると火葬〜遺骨返却または納骨を行なってくれます。
自治体に任せた場合は、有料ゴミ扱いになって焼却されます。
(自治体によってはペット霊園委託・専用焼却炉での火葬を行なっている場合もあります。)

ペット葬儀の種類とは?
専門のペット葬儀社では、次のような葬儀を行なっています。

〔個人葬〕
僧侶による読経の後に個別に火葬を行ない、お墓に納骨したのち供養を行ないます。
お骨上げは業者が行なうためお骨を拾うことはできませんが、自宅にお骨を持ち帰ることは可能です。

〔立ち会い葬〕
僧侶による読経の後に個別に火葬を行ない、お墓に納骨したのち供養を行ないます。
希望者はお骨を拾うことができ、お骨の自宅持ち帰りもできます。

〔合同葬〕
僧侶による読経の後、他のペットと合同で火葬を行なってお墓に納骨します。
立ち会いによる火葬や、お骨を拾うことはできません。

〔自宅葬〕
自宅での僧侶による読経の後、移動火葬車で火葬を行なったのち供養を行ないます。
お骨を拾い、自宅で保管することも可能です。

葬儀の後はどうなるの?
葬儀の後のお骨は、ご自宅に保管して供養をすることができます。
また、ペット霊園や寺院での納骨・ご供養が可能です。
霊園や寺院では、納骨堂(個別・合同)、墓地(墓石付き)、合同供養塔などへの納骨ができます。
最近では、自宅埋葬や自然散骨などを行なう人も増えています。